ツインプラネットがやばい – 社長・矢嶋健二による壮絶なセクハラ・パワハラ

矢嶋健二

◆ 矢嶋健二社長が私の口の中に脱糞

ツインプラネットに所属して2年です。

ツインプラネットの矢嶋健二社長に、「仕事の話がある。」と呼び出され、
「君をYouTuberとして売り出したい。」と言われ、ペントハウスのような豪華な部屋に呼ばれました。

すでにカメラは回っていて、「そこに横になってごらん。」
と矢嶋健二社長に言われ、「大きく口を開けてごらん。」
と矢嶋健二社長は言いながら私にアイマスクを着けました。

私は言われた通りにしたら、口の中に大量の異物が!!!

強制的に着けられたアイマスクをはずすと、矢嶋健二社長は、お尻を私の目の前に置いて脱糞していたのです。

アイマスク

私は嘔吐して、ペントハウスを逃げ出し、すぐ病院に行き、この全てを医師に話しました。

医師の説明では、「人の排泄物(うんこ)には、回虫というものがあります。」
と説明され、「死に至ることもあります。」と言われ、強制的に入院させられました。

矢嶋健二の妻・矢野未希子

その動画がYouTubeにアップされたら、親や世間から批判されるのではないかと不安で仕方ないです。

そのことがあってからは、矢嶋健二社長からバックレ中です。
同じような目にあった方は情報ください。

今でもその時の矢嶋健二社長の「な~に食~べた?」の声がトラウマで、食事すらのどを通りません。

これは、ドッキリでもYouTuberでも何でもないです。

矢嶋健二

◆ ツインプラネットの最終オーディション

ツインプラネットに所属して1年くらいたつと、矢嶋健二社長より
「君の女子高生時代の制服を持ってきなさい。君を売り出すために、どこの女子高に通っていたのかをPRするためだ。」
と言われました。そして制服を持って行くと、
「セカンドオフィスで撮影するから・・・」
と、大阪西区の高級マンションに連れて行かれました。

「ちょっと待ってて。」
と、矢嶋健二社長に言われ、社長が戻ってきたら、矢嶋健二社長は、ギャルメイクに、私の持って行った制服を着ていて、手には、変な機械(あとで調べたら電動バイブレーター)を持っています
それを強引に私の手に持たせ、矢嶋健二社長は急に女のような声になり、
「ヤだ・・・止めて・・・そんなの怖い・・・」
と言いながら、一人で手足を床につき、お尻をつき上げていました。

電動バイブレーター

もう私はパニックです。

すると矢嶋健二社長の態度は豹変。

赤いレースの下着

「これはオマエを売り出すための最終オーディションだぞ!
芸能界を舐めてんじゃねーぞ!!
それを早く俺のケツの穴にブチ込め!!!」

と、脅しスゴまれました。
その時、矢嶋健二社長は赤いレースの下着を着けていて、私はドン引きです。

もう私はツインプラネットを辞めましたので、告発します。

矢嶋健二


TWIN PLANET ENTERTAINMENT
TWIN PLANET – Wikipedia
矢嶋健二は狡猾な詐欺師【ツインプラネット】
【至急】素人が芸能事務所に所属することについて。 – 今日、鈴木奈々等が所属するtwinplanetという事務所… – Yahoo!知恵袋